マッチング拠出は従業員が掛金を拠出し、老後のために資産運用ができる制度です。企業型確定拠出年金にはマッチング拠出以外にも選択制DCがあり、どちらを導入したらいいのか分からないという方も多いことでしょう。

今回はマッチング拠出についてルールや選択制DCとの違い、メリット・デメリットについてもご説明しますので、参考にしてみてください。

マッチング拠出とは?

マッチング拠出とは?

マッチング拠出について、次の2つについて挙げていきます。

  • マッチング拠出におけるルール
  • 選択制DCとの違い

マッチング拠出は会社が拠出する掛金とは別に、従業員が自ら上乗せして掛金が掛けられる制度をいいます。マッチング拠出にはルールがあり、掛金の上限が決まっているため注意が必要です。

ここでは制度のルールだけではなく、選択制DCとの違いも詳しくご紹介していきます。

マッチング拠出におけるルール

マッチング拠出におけるルールには、以下の2つがあります。

  • 従業員の掛金は、会社の掛金と同額まで
  • 従業員の掛金と会社の掛金の合計は拠出限度額まで

掛金拠出限度額には上限があり、月額55,000円(年額660,000円)と決まっています。また、他の企業年金制度を併用している場合、上限は月額27,500円(年額330,000円)となりますので、注意しましょう。

選択制DCとの違い

選択制DCは、加入自体を従業員が選べるところがマッチング拠出と異なる点です。選択制DCでは、給与または退職金の一部を掛金として拠出するか、今まで通り毎月の給与や退職金で受け取るかを自分で選べます。

掛金を拠出したくない場合、給与で受け取るだけなので今までと何も変わりません。マッチング拠出の場合、従業員は企業の拠出の有無自体は決められませんが、企業が拠出している自業主掛金に加入者掛金を上乗せするかが選択可能です。

また、マッチング拠出は掛金の変更が年1回のみなのに対し、選択制DCは金額の変更を自由に行えます。

マッチング拠出の2つのメリット

マッチング拠出の2つのメリット

マッチング拠出のメリットには、次の2つが挙げられます。

  • 所得税・住民税の負担が軽減される
  • 運用益は非課税となる

いずれも、マッチング拠出を導入しようと考えている企業の労働者にとって税負担を軽減できます。ここでは、それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。企業で導入する場合に必要な知識ですので、ぜひチェックしてみてください。

1.所得税・住民税の負担が軽減される

マッチング拠出を行えば、所得税・住民税の負担が軽減できます。従業員が拠出した掛金は、全額が所得控除の対象になります。つまり、所得税と住民税が非課税になるということです。

自分の老後のために、月に10,000円積立預金をすると、その金額は課税対象になってしまいます。しかしマッチング拠出の場合は、年間で考えると120,000円もの金額が所得控除されるため、大きな節税効果が期待できます。従業員のメリットを考えるなら、マッチング拠出を導入するのがおすすめです。

2.運用益は非課税となる

マッチング拠出の運用益は、他の企業型DCと同様、非課税になります。株式投資などの資産運用では、運用によって生じた利益に20.315%課税されています。しかし、マッチング拠出の運用によって得られた利益は課税の対象にはなりません。

1年、2年では差が感じられないかもしれませんが、運用が長期に亘るほどその差が大きく積み重なっていきます。

マッチング拠出の2つのデメリット

マッチング拠出の2つのデメリット

マッチング拠出のデメリットについて、次の2つが挙げられます。

  • 拠出額に対して上限がある
  • 途中解約ができない

マッチング拠出にはメリットがある反面、もちろんデメリットもあります。マッチング拠出を導入する場合は、しっかりとデメリットも理解した上で取り入れるようにしましょう。ここではそれぞれのデメリットについて、詳しくみていきましょう。

1.拠出額に対して上限がある

マッチング拠出のルールでお伝えしたように、マッチング拠出には上限金額が設定されています。会社の掛金額によっては拠出できる金額が少なくなってしまうため、マッチング拠出のメリットを感じられない可能性もあります。

例えば、会社の掛金が2,000円であれば、従業員も上限の2,000円までしか拠出できません。企業型DCは企業年金の1つで、メインはあくまでも会社だと考えられています。従業員がかけられる掛金が少ない場合は、導入するかをしっかり考える必要があるでしょう。

2.途中解約ができない

マッチング拠出は老後の資産形成のために作られた制度で、途中で解約ができないようになっています。つまり、60歳まで掛金を引き出せません。積立預金や一般証券口座であれば、必要な時に引き出したり、解約して引き出したりすることができます。

しかし、マッチング拠出では家族の病気や介護など、不測の事態により多額のお金が必要になった場合、引き出すことができませんので、注意が必要です。マッチング拠出を考える場合は、多額の資金が必要になった時に対応できるよう、資金の確保についても考えておく必要があります。

まとめ

マッチング拠出は節税ができたり、運用益が非課税になったりとメリットがある半面、掛金の上限、途中解約ができないというデメリットがあります。マッチング拠出は会社側、従業員どちらにも関わってくる制度です。

現在、導入されている企業年金制度との兼ね合いも考えながら、マッチング拠出を導入するか否かを考えていくといいでしょう。当社サンワプライニングでは「企業型DC」と「iDeCo」のいずれについてもプロの視点から、アドバイスしています。

制度設計や導入だけでなく、運営上の事務手続きもサポート可能です。ご興味がおありでしたら、ぜひお問合せフォームよりご連絡ください。

無料相談フォームはこちら

友だち追加