全国オンライン対応企業型確定拠出年金導入
ZOOMによるオンライン個別無料
相談を実施プラン導入までの期
間や必要な対応を分かりやすく
ご説明いたします

こんなお悩みありませんか?

企業型確定拠出年金の導入によるメリット、デメリットについて詳しく教えてほしい
企業型確定拠出年金がなぜ必要なのかわからない...
経営者や役員の退職金を効率的に準備したい、従業員のモチベーションをアップしたい
企業型と個人型のiDeCoではどちらがメリットが大きいか知りたい

企業型確定拠出年金の導入によるメリット、デメリットについて詳しく教えてほしい
企業型確定拠出年金がなぜ必要なのかわからない...
経営者や役員の退職金を効率的に準備したい、従業員のモチベーションをアップしたい
企業型と個人型のiDeCoではどちらがメリットが大きいか知りたい

株式会社サンワプライニングはお客様の「目的」に寄り添った内容をご提案します!

確定拠出年金についての知識があまりないという方にこそ、無料相談を受けていただきたいと考えております。「確定拠出年金とはどういう制度なのか」や「自社のビジネスにどう役立てていくのか」といった具体的な部分にまで丁寧にご説明いたします。

今すぐ無料で相談する!

企業型確定拠出年金を導入する3つのメリット

導入する企業側のメリットについて

メリット1. 新しい福利厚生を提供できる

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入すれば、新しい福利厚生として従業員に提供できます。福利厚生は採用や有期雇用でも有効な情報となり、企業選びの材料にもなります。

また、任意で加入する形の確定拠出年金(選択性)であれば、企業の社会保険料も適正化されるためコストを気にする必要もありません。さらに、会社としての信頼度も高まり、採用面で有利に働く可能性もあります。

メリット2. 退職給付債務を削減できる

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入することで、退職金給付を削減できる点は大きなメリットの1つです。

従来の確定給付型企業年金の場合、掛金の運用がうまくいかなかった場合は企業がその分を補填する必要があります。企業全体で考えると、退職給付債務が膨らみ、企業側の負担にもなりかねません。

一方、企業型確定拠出年金(企業型DC)は毎月の掛け金が退職給付金の直接的な費用になるため、追加拠出がない場合でも債務を負うリスクを軽減できます。加入者に対して、企業がどれだけの負担を持つのかを計算しやすいのも特徴です。

メリット3. 運用リスクが少なく社会保険料の適正化がすすむ

企業側にとって運用リスクがない点も確定拠出年金の導入メリットといえます。確定給付企業年金(DB)の場合、企業側が掛金を運用してうまくいかなかった場合、退職給付債務が発生し大きな負担になりかねません。

一方、確定拠出年金は掛金を企業側が拠出しますが、運用は加入した個人に任せられます。そのため、運用の責任やリスクを企業側が負うことはありません。加入者本人の運用次第で、年金の給付額が変動するのは確定拠出年金の大きな特徴です。

メリット1. 新しい福利厚生を提供できる

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入すれば、新しい福利厚生として従業員に提供できます。福利厚生は採用や有期雇用でも有効な情報となり、企業選びの材料にもなります。

また、任意で加入する形の確定拠出年金(選択性)であれば、企業の社会保険料も適正化されるためコストを気にする必要もありません。さらに、会社としての信頼度も高まり、採用面で有利に働く可能性もあります。

メリット2. 退職給付債務を削減できる

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入することで、退職金給付を削減できる点は大きなメリットの1つです。

従来の確定給付型企業年金の場合、掛金の運用がうまくいかなかった場合は企業がその分を補填する必要があります。企業全体で考えると、退職給付債務が膨らみ、企業側の負担にもなりかねません。

一方、企業型確定拠出年金(企業型DC)は毎月の掛け金が退職給付金の直接的な費用になるため、追加拠出がない場合でも債務を負うリスクを軽減できます。加入者に対して、企業がどれだけの負担を持つのかを計算しやすいのも特徴です。

メリット3. 運用リスクが少なく社会保険料の適正化がすすむ

企業側にとって運用リスクがない点も確定拠出年金の導入メリットといえます。確定給付企業年金(DB)の場合、企業側が掛金を運用してうまくいかなかった場合、退職給付債務が発生し大きな負担になりかねません。

一方、確定拠出年金は掛金を企業側が拠出しますが、運用は加入した個人に任せられます。そのため、運用の責任やリスクを企業側が負うことはありません。加入者本人の運用次第で、年金の給付額が変動するのは確定拠出年金の大きな特徴です。

ご利用の流れ

どの段階でも当社がしっかりサポートいたします。
気になる点などはお気軽にお問合せください。

STEP1お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
お電話もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

個別相談は無料でZOOMにてオンライン面談です。対応エリアは全国で移動の時間もかからないので気軽にお申込みください。

STEP2オンライン個別相談

企業状況のヒアリングをさせていただきます。状況に応じて、貴社に合った企業型確定拠出年金の制度設計方法や制度設計に合わせたメリット・デメリットなどを説明させていただきます。

導入にあたっての課題や、貴社のビジネスにどう役立てていくのかといった具体的な部分までしっかりとご説明いたします。

STEP3最適なプランをご提案

無料相談でお聞きした企業状況に応じて最適なプランをご提案いたします。その後、実際に導入するかについてはお客様がご自由にお選びください。

導入に関する手続きやその後の運用など弊社がしっかりとサポートさせていただきます。多くの企業の導入実績がありますので、ご安心ください。

よくあるご質問

  • 確定給付企業年金との違いは何ですか?
  • 確定拠出年金と確定給付企業年金の違いは「運用の仕組み」です。
    確定拠出年金は、個人または企業が支払う掛け金を運用する年金です。運用する資金は個人の裁量で決められます。自分が将来必要になるであろう金額を受け取れるよう、積み立てをすると理解しておくとよいでしょう。

    一方、確定給付企業年金は企業が支払った掛金を使って運用します。個人ではなく金融機関が運用するため、受け取れる給付金額はある程度保障されており、安定した額をもらえるのが特徴です。ただし、企業側の業績や金融機関の運用成果によって給付金に影響が出る場合もあるため、注意が必要です。

  • 退職金との違いは何ですか?
  • 退職金と確定拠出年金との違いは「給付金の金額の決定権」です。
    確定拠出年金は、自分で掛金を調整することで、将来の給付金の金額を増やせます。個人が年金運用の主導権を持つため、積み立てた分を給付金としてもらえる安心感があります。

    一方、退職金は企業側が積立金を決めるのが一般的で、給付金額も自分の都合で調整できません。また、仮に企業が倒産してしまうと退職金を受け取れない可能性もあります。

    企業の業績が直接退職金にも関わるため、自身で老後の蓄えを増やそうと確定拠出年金を併用するケースも増えています。

  • 企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入するデメリットはありますか?
  • 企業型確定拠出年金(企業型DC)導入の主なデメリットとして、次の3つが挙げられます。

    ・手数料や年金事務負担が生じる
    ・社員に対して説明が必要
    ・制度の見直しが発生する場合がある

    ただし、いずれのデメリットも企業側が正しく制度設計することで回避できます。

送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する

利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

運営会社

会社名 株式会社サンワプライニング
住所 〒700-0975岡山市北区今5丁目13-36ラボレスクエアD
設立 1992年5月1日
代表取締役 中林晃
TEL 086-473-1488
メールアドレス sanwa_401K@sanwap-ins.jp

 

友だち追加