こんにちは。

6月5日に中国地方も梅雨入りしたようです。

雨天時の車の事故率は、晴天時と比べて約5倍にもなります。

雨の日の危険を認識し、安全運転につなげましょう!!

 

<注意するポイントと対策>

①停まりにくい

雨天時は路面が滑りやすく、車の停止距離が長くなります。

⇒スピードを抑え、車間距離を十分に確保しましょう!!

 

②視界が悪い

雨天時は視界が悪く、危険の発見が遅れがちになります。

また、側方や後方はガラスやサイドミラーについた水滴で特に見えづらく、安全確認が不十分になりがち です。

⇒スピードを抑えるとともに、早めのライト点灯などで早期に危険を発見できるようにしましょう!

⇒バック時は慎重に後方確認し、いつでも停止できる速度で運転しましょう!!

 

③危険な行動に遭遇する

傘を用意してない歩行者や自転車は、早く目的地へ行こうと先を急ぎがちです。

そのため、安全確認が不十分なままで道路を横断するなど危険な行動をすることが あります。

⇒歩行者や自転車が車に気づいてないと考え、慎重な運転を心がけましょう!

⇒ライトを積極的に点灯し、自車の存在を知らせましょう!!