11月9日~11月15日までの7日間、『秋季全国火災予防運動』が実施されます。

2021年度全国統一防災標語は『おうち時間 家族で点検 火の始末』です。

これからの季節は空気が乾燥し、火災が発生しやすい時期です。

暖房器具の取り扱いや火の始末にはより一層、気を付けましょう。

 

今年も『住宅防火 いのちを守る 10のポイント』をご紹介します。

―4つの習慣・6つの対策―

4つの習慣

寝たばこは絶対しない、させない。

ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。

こんろを使うときは火のそばを離れない。

コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。

6つの対策

・火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。

・火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年目を目安に交換する。

・火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。

・お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し備えておく。

・防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

友だち追加