確定拠出年金の移換とは?離転職後に必要となるパターンも解説!

確定拠出年金の移換とは?離転職後に必要となるパターンも解説!

確定拠出年金は、国民年金と厚生年金に次ぐ「第3の年金」として国が用意したシステムです。個人型と企業型が存在し、個人型はiDeCo、企業型はDCという名前で聞いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。それもそのはず、2022年4月でのiDeCo加入者は234万人。2016年には25万人程度だったため、6年間で加入者は約10倍増えています。2022年10月から企業型DC加入者のiDeCo加入の要件緩和が発表されており、ますます利用者が増えていくでしょう。しかし、確定拠出年金は受け取り方や運用方法を間違えると、税金や手数料が余計にかかり、損をしてしまう可能性が高まります。そこで今回は、確定拠出年金の移換パターンと、DC導入企業から退職後の流れ、iDeCoへの移換時にかかる手数料について解説します。老後の年金として賢く積み立てるために、受け取り方や運用方法の理解を深めていきましょう。

GW期間中の休業のお知らせ

GW期間中の休業のお知らせ

いつもありがとうございます。 倉敷市児島にございます保険代理店 サンワプライニングです。 本日は、GW期間中の休業日のご案内です。 *GW期間中の休業のお知らせ* 4月29日(金)~5月1日(日)休業 5月2日(月)営業

確定拠出年金(401k)に年末調整は必要?企業側の対応も解説!

年末調整の控除手続きでは、配偶者控除や生命保険料控除などが一般的です。しかし、企業型DCや個人型DCと呼ばれる「確定拠出年金」も年末調整における控除対象であることは意外と知られていません。そこで、本記事では確定拠出年金(401k)における年末調整の概要や企業側の具体的な対応について詳しく解説します。

友だち追加