9月21日(土)~9月30日(月)の10日間、秋の交通安全県民運動が実施されます。

『思いやり ゆとりは無事故へ つづく道』

今年の全国共通の重点目標は、

・子どもと高齢者の安全な通行の確保
・高齢運転者の交通事故防止
・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶

です。

岡山県の重点目標は、

・スピードダウンの励行
・横断歩行者の保護

です。

横断歩道は歩行者優先です。

まだ歩行者が歩いてくるには距離があるからと自動車が先に通行する場面を時折見かけますが、横断歩道は歩行者の聖域。

横断歩道を渡ろうとしている人がいるときには、車が止まって先に渡らせてあげましょう。

 

また、最終日の9月30日(月)は 交通事故死ゼロを目指す日 です。歩行者も運転者も一人一人が交通安全を意識し、目標を達成しましょう!