3月1日(金)から3月7日(木)までの7日間、全国一斉に春の火災予防運動が実施されます。

暖房器具等の火気を使う機会が多いこの時期。

家族一人ひとりの「慣れ」や「油断」から火気をおこさぬよう注意しましょう。

また、「いのちを守る7つのポイント」を参考に、普段の生活の中で火災予防を実践していきましょう。

 

いのちを守る7つのポイント

~3つの習慣~

・寝たばこは絶対やめる。

・ストーブは燃えやすいものから離れた位置で使用する。

・ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

~4つの対策~

・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

・寝具や衣類からの火災を防ぐために、防火製品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を設置する。

・お年寄りや体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。